組織開発・人材開発の(株)HRT
お問い合わせ
ホーム サービス ホールシステムアプローチ メンバー紹介 事例紹介 会社概要
ワールド・カフェ
OST(オープンスペーステクノロジー)
プロアクション・カフェ
AI
フューチャーサーチ

次世代組織研究会
リーダーシップ開発プログラム
共創型コンサルティングサービス
ワールド・カフェファシリテーター養成講座
OSTファシリテーター養成講座
ホールシステム・アプローチ開発ラボ
AI時代の人材教育ラボ
個人を尊重する組織研究会
自治体総合計画立案支援

書籍のご紹介

新刊  
 
 
 
 

 

個人を尊重する組織研究会

株式会社HRTではOSTなどを用いて、個の自主性を引き出し会社の課題や新規事業育成に取り組むチームをつくるサポートをしてきました。その時に強く印象に残ったのは、上司、同僚や同期を意識して自主的な行動がとれない社員の姿でした。(すべてではありません)
日本におけるほとんどの組織は、組織と個人の行動は一体化していて未分化の状態であることが多く、個人の分化が日本では弱いことで、最近の企業や役所の不祥事、長時間残業、低い生産性、イノベーションの低迷、エンゲージメント(働く熱意)の低下などの大きな原因になっています。

欧米企業では組織のメンバー一人ひとりの権限や責任、仕事内容が明確に決められています。一方、日本の企業や役所ではこれらの線引きがあいまいで、大事な意思決定も、非公式な話し合いやその場の空気などで実質的に決められています。

米国企業のように、社員が自ら創造的なことを考えたり発見したりしたら、それを基にいずれ独立するというような風土がないと、創造性はなかなか発揮できません。そういう風土をつくるベースにあるのが、個人の分化だと思います。

日本企業の場合、画期的なアイデア創出が、大幅な報酬アップにも、将来の夢にもつながらないし、さらには、そのアイデアを誰が出したのかがはっきりしません。この状態ではイノベーションを起こす革新的アイデアが出てこないのは当然です。

さらには、エンゲージメント(働く熱意)の低下や会社への帰属意識の低さも国際比較した信頼できる調査結果で明らかになっています。日本人社員全体の特性と考えられるようになっています。これらの課題は個人の分化によって解決できると考えています。

上記のような日本の組織における課題を解決するために、個人の分化を推進し、個人が尊重される経営を実現するための学びと研究の場を作っていこうと考えました。

■分化とは?

組織から個人を物理的、制度的、認識的に分けること。

個人の分化には程度の差があり、企業から独立するなどの「強い分化」から、職場での仕事の分担を明確にするなどの「弱い分化」、その中間にあたる社内FAやのれん分けなどがあります。

■個人を尊重する組織とは?

組織のメンバー一人ひとりの権限や責任、仕事内容などを明確に決めます。分担を明確にし、権限と責任を与え一任したあとは、組織内でその役割を果たし、貢献している限りはどんな行動をしてもかまわないというスタンスを取ります。

すると個人は、高いモチベーションを持ち、仕事の成果を上げることに集中できます。創意工夫の幅が広がれば内発的モチベーションも高まり、それによってさらに成果が伴い、高い評価が与えられれば外発的モチベーションも上がるという、好循環が生み出されます。
(上記、同志社大学政策学部教授 太田肇先生の論文、書籍より引用)

■目指すもの

実践者のネットワーキングの場、個が大切にされる組織を目指す方々のハブ。新しい組織が生まれてくる場。自分がやりたいことができる企業に転職する機会を得る人がでてきてもいい。転職社会への転換の起点となる。

■活動

まず、今の組織の仕組みのどこに問題があるのかを理解してもらう場をつくる。個が大切にされる企業を目指している人、専門分野に能力はもっているが今の組織ではやりたいこと(夢)を実行できない人が集まる場をつくり、ネットワークづくりの拠点とする。集まった仲間で、個が大切にされる組織づくりのため実践事例の共有、および個が大切にされる組織づくりの知恵とアイデアを生みだしていく。そのために、ワークショップ、事例報告会、読書会などを開催する。
さらには、組織づくりやマネジメントを学んだり、新しい組織やマネジメントのモデルを提示あるいは共創して起業に踏み出す人たちをサポートしていきたい。

■代表

株式会社HRT 代表取締役 大川恒

■アドバイザー

太田肇

1954年兵庫県生まれ。同志社大学政策学部教授。
神戸大学大学院経営学研究科修了。京都大学経済学博士。神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了。京都大学経済学博士。公務員を経験の後、滋賀大学経済学部教授などを経て2004年より同志社大学教授。専門は組織論、人的資源管理論

専門は個人を尊重する組織の研究。
講演やセミナーを精力的にこなし、マスコミでも広く発言している。

おもな著書に。『承認欲求』『なぜ日本企業は勝てなくなったのか』『個人を幸福にしない日本の組織』『個人尊重の組織論』など、著作多数。『公務員革命』『ホンネで動かす組織論』『ムダな仕事が多い職場』(以上:ちくま新書)、『がんばると迷惑な人』『個人を幸福にしない日本の組織』(以上:新潮新書)、『ベンチャー企業の「仕事」』(中公新書)、『知識ゼロからのモチベーションアップ法』(幻冬舎)、『組織を強くする人材活用戦略』(日経文庫)など多数。近著には『「ネコ型」人間の時代』(平凡社新書)がある。講演やメディアを通じての発言も積極的に行っている。

 

ページトップへ
株式会社HRTは組織開発・人材開発を通して、話し合って、共に未来へ歩む組織をつくるサポートをいたします。

ホームサービスホールシステムアプローチメンバー紹介事例紹介会社概要

Copyright (C) 2014 HRT,Inc. All Rights Reserved.